中型自動車第二種免許教習

イメージ
バスの運転手として活躍する!
中型自動車の旅客車両が運転できるようになります。

旅客運送の車両を含む乗車定員29人以下のバスが運転できます。
11t未満のトラックはもちろん、旅客運送の普通自動車も運転できるので、職業スキルとしても大変有効です。


厚生労働大臣指定教育訓練講座 教育訓練給付制度 受講料の最大20% 上限10万円がハローワークから支給されます。

中型自動車第二種免許で運転できる車両

  • 中型自動車

    第二種:旅客運送の車両を含む
    ・車両総重量:5,000kg~11,000kg未満
    ・最大積載量:3,000kg~6,500kg未満
    ・乗車定員:11~29人まで

  • 普通自動車

    第二種:旅客運送の車両を含む

  • 原動機付自転車、小型特殊自動車

    ● 最近のトラクターに多い「新小型特殊自動車」は『大型特殊自動車免許』が必要です。

教習プラン

料金シミュレーション

教習車

旅客運送を前提とするので、教習にもバスを使用します。
車内の様子をルームミラーで確認するなど、二種免許ならではの教習があります。
給付金制度 パック教習 スペシャルコンテンツ 安心・安全の教習 入校申し込み予約 お問い合わせ

指導員からのコメント 担当指導員:三浦剛基

バス離れがささやかれてますが、これから益々高齢社会と過疎化が進展し公共交通に頼らざるを得ない方々の増加が考えられます。効率的なバスの運行としてデマンド(利用者の需要・要求)方式によって運行させることも試験実施され、これからの県内における生活に密着したライセンスであります。
また、少年少女のスポーツ団で運転手を任された先生・お父さんの皆様方にも貨物車とは違うバスの特性をしっかり身につけておくと大切なお子様たちとの移動も更に安心です。