けん引自動車免許教習

イメージ
トレーラーやタンクローリーなど、
他の車をけん引することが可能になる免許です。

大型・中型・普通など、けん引する装置がある自動車で、トレーラー、タンクローリー、キャリアカーなどをけん引することが出来ます。


厚生労働大臣指定教育訓練講座 教育訓練給付制度 受講料の最大20% 上限10万円がハローワークから支給されます。

けん引自動車運転免許で運転できる車両

  • 第二種免許を含む大型、中型、普通、大型特殊自動車のいずれかでけん引が可能で、けん引される車両の車両総重量が750kgを超える場合に必要となります。

    ※けん引する各車両の免許も合わせて必要となります。
    ※故障車をロープやクレーンなどでけん引するときは、けん引免許は必要ありません。

教習プラン

料金シミュレーション

教習車

けん引車両ではもっとも一般的なセミトレーラータイプの車両で教習を行います。トレーラー側が独特の動きをするので、頑張ってコツを掴んでいきましょう!
給付金制度 パック教習 スペシャルコンテンツ 安心・安全の教習 入校申し込み予約 お問い合わせ

指導員からのコメント 担当指導員:持田 潔

持田 潔

車の後ろに750kgを超える車を連結器で接続し、これを引っ張って運転する時に必要な運転免許が牽引免許です。運送会社で大型トレーラーを運転する人や自家用車で大きなキャンピングカーを連結したい人が主に取得している免許です。車を一点のピンで連結して引っ張る車ですから、独特の不思議な動きをする車です。前進での走行も難しい車ですが、特に後退での走行は高度な技術を必要とします。でも、車庫入れが決まった時の快感は何とも言えませんっ!共に頑張りましょう!