講習レポート
2017.11.14

長野俊英高等学校交通安全教室レポート

2017年11月1日(水)ドリームモータースクール昭和校に長野俊英高等学校3年生をお招きして交通安全教室を開催いたしました。
天候に恵まれて絶好の講習日和となりました。免許取得を目前に控えたタイミングでの課外講習はいかがでしたか。

長野俊英高等学校交通安全教室レポート
ドリームモータースクール昭和 中村

こんにちは!ドリームモータースクール昭和の中村です。
11月1日に長野俊英高校3年生をお招きして、交通安全講習を開催致しました。
講習では教習所でしか体験できないような事故の再現や死角の検証、また、事故の原因や対策についてのディスカッションを行いました。
それらを通して危険は見えない場所に潜んでいるということ、いつでも自分が加害者になってしまうことを実感して頂けたのではないでしょうか。
また、私が開講式で皆さんに体験して頂いたように、人間の「認知・判断・操作」の危うさや不正確さも、この講習で学んで頂けたかと思います。
交通社会では常に「~かもしれない」と考える、危険予測を心がけましょう。皆さんが立派な交通社会人となることを願っています。

ケーススタディ
ケーススタディ1ケーススタディ2
ドライバー、自転車双方の立場で考え、双方に危険に繋がる行動が見られました。
まずは自転車で安全な行動をとれるようになりましょう。
クルマの停止距離
クルマの停止距離1クルマの停止距離2
クルマは急に止まれない…理由を学んでいただきました。勉強した「空走距離」を覚えておいてくださいね。
事故事例研究
事故事例研究1事故事例研究2
事故はなぜ起きた?
…の原因と対策を考えることで、今後皆さんの行動に変化が見られれば講習は成功です。